学校の価値とは。

この時期私が務める高等学校では、遠足があります。新しいクラス・仲間と新緑の中でバーベキューを行います。

新しい環境にもだいぶ慣れてきた時期ですから、さらに仲を深めるためにいい機会だと思います。団体行動ですから、ルールを守り、役割の分担を決め、そのうえで仲間と楽しい時間を過ごすことは大切なことだと思います。

最近では学校は全く意味がない、個人を集団の中に押し込め個性をつぶし、社会に順応できる奴隷をつくる場だ!だなんて過激なことをいう方、増えているようでとても驚いています。

いかに日本に教育現場が無駄であるか…と語る動画や文章が注目を浴びております。

奇抜なことをいえば注目をされる社会ですし、人それぞれの価値観がありますから自由にとらえていいのですが、私は日本の学校に価値を十分に感じています。

ルールや規則は時に不自由です。窮屈に縛られて息苦しく感じることがあるのは自然なことでしょう。私だって、ガチガチなルールの上でとても息ぐるしさを感じることございます。

ですが、そのような窮屈な環境にいって初めてわかる自由もあるのかと思います。それがわかるだけでも十分に『価値』があるのかと思います。

世間も社会も集団生活であることには変わりありません。

集団の中で生活するなかで、その中で自分の意見を発信していくことを学ぶことができます。クラスが30人程いるなかで自分の意見を30人に発信していくこと、これは簡単にできる生徒もいますが、多くの生徒にとっては勇気がいるものです。

違う意見をもつもの同志でお互いを尊重しながら方針を決めていく、するべきことをこなしていく、時間調整管理など学べることがたくさんあるかと思います。

『価値』とは自分で生み出すものです。どのような環境でも自分の人生の価値を見つけ全身していける生徒が増えることを教師として願っております。

 

話がかわりますが、わたくしはこの新緑の季節が1番好きでございます。

緑がきらきらとしていて、天気もよくて気持ちのいい気候で、気持ちも晴れ晴れと解放されます。

プライベートでも遠足行こうと思い、浜離宮に行ってまいりました。大都会の中にある歴史ある緑豊かな公園、とても気持ちがいい時間を過ごせました。

ぜひ皆様も猛暑が訪れる前に行きたいところにいかれてみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク