コロナで休校が決定、卒業式の有無

私が、いや多くの方が考えていたよりもコロナウイルスへ心配や不安が広がっています。そしてまた、公立の小中高校が春休みまで休校が決定されました。
長い教師生活のなかでもこのようなことは今まで一度もなく、日々対応に追われています。
卒業式の短縮化、また中止を発表している学校も多くあります。卒業式という人生の節目がなくなることはとても残念なことです。多くの人が集まる卒業式ですから、不安の中参加するより、なくなったほうが潔いという意見の方もいます。

私は高等学校の教員ですが高等学校の学生でしたら、休校になっても自宅で過ごすことになっても大方問題はないでしょう。ですが、小学生のお子さんをお持ちの親御様、また共働きやシングルマザーで育てている家庭からは不満などが生まれているようですね。
私は、今回の臨時休校の措置については勇気ある決断で良かったと思います。やはり1つの教室に30〜50人が集まる環境は不安を感じてしまいます。感染率の高さから見ても学校がコロナウイルスの温床になってしまうことは、絶対に避けたいと思うからです。
不測の事態ですが、冷静に、今できる最善の選択をし、そして楽しむことも忘れず過ごしたいものです。

カテゴリー: 未分類 | コロナで休校が決定、卒業式の有無 はコメントを受け付けていません

コロナウイルスの脅威

世間ではコロナウイルスの影響がとても大きくなっています。

東京マラソンまで中止を発表しました。これには驚きです。また今時点では、参加費は返金しないとのこと。
受け取った参加費はすでに様々な準備のために利用されているのかもしれませんがどうなるか行方が気になるところでございます。東京マラソンに向けて何ヶ月も前からトレーニングに励んでいた方も多くいます。残念ですが気持ちを切り替えてほしいです。


また今は受験シーズンです。受験会場には多くの学生が集まります。受験でかかるストレスに加え、コロナのストレスや不安まで乗っかってしまうことがとても気の毒に思います。
少しでも安心できる環境を提供したいですが、個別でテストをするわけにはいきませんし、歯がゆいところです。
また学生も多くの人が集まる学校への通学をしています。電車通学の学生もたくさんいますし、空気感染する恐れがだれでもゼロではありません。
今私達ができることは、避ける外出は避ける、手をしっかり洗う、そして何より免疫をあげるということといえるでしょう。
免疫を上げる上で大切なのは規則正しい生活です。栄養バランスが整った食事を意識しっかり寝ましょう。
私も普段よりも睡眠を取るように意識し始めました。

食事も加工食品を少しだけでも減らすように意識しています。
大切な自分の体を見つめ直す時間になっています。

このようなときネットはとても便利で魅力的ですね。教師という仕事ではなかなか難しいですが自宅で仕事と勧められる環境が一気に広がるでしょう。
通信制高校の学生もいまではネットで自宅で学ぶ方増えているので安心でいいですね。
頻繁にあることではありません。でも今後もこのようなウイルスに災害も起こり得ます。対応できる社会、安心して暮らせる社会が出来ることを祈っています。

カテゴリー: 未分類 | コロナウイルスの脅威 はコメントを受け付けていません

教師の不祥事

ニュースを流していると教師の不祥事が度々取り上げられています。そのたびに心から残念な気持ちになり怒りが込み上げてきます。

一昔前はよく体罰などの不祥事が目立っていました。教師という立場を利用し、教育という言葉を履き違えて、横暴な態度を取っている教員が目立っていました。
学校内でも理不尽に怒鳴る教員、生徒の尊厳を傷つけている教員は今でもたくさんいるのだろうと思います。
私のそのような教員を今までたくさん見てきました。教師という肩書を乱暴に振り回し必要以上に生徒を抑圧している教員がいます。

また残念なことに、このような教員と折り合いはうまく行かず、退学してしまう学生も多くいます。中等学校と違い、高等学校には退学があります。あまりに大きな理不尽にぶち当たり絶望と怒りで学校を退学してしまう学生がいることはとても残念になります。

ですがこのような不祥事はまだみえるため、学校側がある程度、抑制することがしやすいです。
ただ表面化されずに、問題なのが性的な不祥事かもしれません。

盗撮や接触、未成年売春などを教師が行っている現実には目をつむりたくなります。
体罰などと違って、わいせつ行為は、時間外に行われていることが多く、行為が行われる場所もホテルや自動車内、また自宅が多いのです。(文部科学省資料参照:教育職員の懲戒処分等について

被害者である学生もそのときは、同意している可能性も高いです。ですが、その時は同意していても将来後悔に苛まれ苦しんでいる方も多くいます。また同意があったと言ってもいいように言いくるめられているだけで、その時だけ納得(またの言い方では洗脳)させられている場合も多くあります。

今後被害に苦しむ学生はとても多くいるのです。一瞬の欲望や快楽のために一人の人生を傷つけることは許されませんし、それが生徒を守り指導していく教員の立場で行うことは本当に許されないことです。

未成年の学生を教える教員という立場に相応しい倫理観・モラル感をもって行動し、生徒を守る立場を徹底してほしいと願うばかりです。

カテゴリー: 未分類 | 教師の不祥事 はコメントを受け付けていません

東京で雪が降りました。

こんにちは。真冬となり寒さが本格化してきましたがいかがお過ごしでしょうか?

今年の冬は暖冬だなんて言われていますが、やはり寒いですね。そして今東京で雪が降っています。窓辺にいると寒いですが雪の情緒もまたいいですね。

私も昔はよくスキーをしに行きました。日常とは別世界の雪の中で颯爽と滑るウインタースポーツはとても楽しいですよね。

今私たちは4月に入学する新入生の受験や面接の準備などで大忙しでございます。新入生を迎えいれたのがほんのすこし前なので時の早さを実感します。

学校に受験や面接にくる学生は非常に緊張した表情の学生が多く「もっとリラックスしていいのにな」と思いますが緊張するのも無理はないですよね。

受験というのは人生で数少ないイベントです。人によりますが平均的に1回〜3回ぐらいではないでしょうか?ストレスを感じないのが無理なので、こうゆうものだと割り切って受験を迎えてほしいです。

今からどんな学生に会えるかとても楽しみです。

カテゴリー: 未分類 | 東京で雪が降りました。 はコメントを受け付けていません

集中力を鍛える時期

3年生は来年の受験を控え必死に勉強をしています。目指す目標が明確にあるときの人の集中力には凄まじいものがありますね。

「合格」を目指して、勉強をしどんなに短い間でも勉強をし集中して勉強を進めて行きます。受験勉強の内容は、将来社会人になったら必要なくなるかもしれません。

ですがこの時期に体に叩き込んだ「本気になる力」と「集中力」は一生の財産です。一生役立つ宝物です。

自分のやりきる力を養えるときです。受験を控えている方は今、大変かもしれませんが大切な宝物になりますからもうひと踏ん張り頑張ってくださいね。

しっかり睡眠をとって、体と脳を休ませることが大切です。

頑張っているときほど、集中しているときほど、テンションで睡眠を削っても元気で動けるものですが、受験は長期戦です。

睡眠をうまく確保できるかできないかが大きなポイントであると思います。

睡眠に関しては決して受験生だけの話ではありませんね。私は、仕事が終わり家事が終わり、やっとゆっくりできる夜の時間が大好きです。

その時間に読書をしたり、ハーブティーを飲んだり、映画を楽しんだり、大切な時間です。なのでいつもついつい夜更かし気味になっていたのです。

なんだか寝るのがもったいなく感じてしまうのですね。ですが、ここ1年は睡眠の時間を大切にできました。

しっかり寝ると朝が気持ちよく活力が漲ります。忙しい毎日を送っている方は難しいかもしれませんが週に1日でも早くベッドに入る余裕が人生をより素敵なものにしてくれるかもしれません。

カテゴリー: 未分類 | 集中力を鍛える時期 はコメントを受け付けていません

12月になりました

こんばんは。日が短くなってきたなとおもったらもう季節は12月です。月の日流れは本当に早いですね。春から始めたこのブログもあっという間に9か月間の時が経過していました。

季節はクリスマス。私はあまりクリスマスなどのイベントは生活に関係ありませんが街中を歩くとイルミネーションが彩り、素敵だなと思います。今年はどこかイルミネーションが素敵な場所に出かけてみたいものです。

したいことや、やりたいことはすぐ行う、が私の意識していることでございます。

よく【今を生きろ】だなんていいますが、私は、随分長い間【今】をほっといていたなと感じてしまいます。反省です。今はよりよい未来のためへの時間で未来のためにずっと頑張っている状態が続いていました。ですがそんなこといったらずっと楽しみややりたいことを後回しにしているんですね。

なので些細なことですが今したいことを優先するようにしています。していることは本当に些細です。

「エビチリ食べたいな」とおもったら、食べに行く。そんな些細なことなのですが、意識するようになってから、日常がより楽しくなりました。なぜならば私は、このような些細なことでも、後回しにしていたのです。

仕事や家事があると、しないといけないことが次から次へときて、効率や合理性を求めてしまうようになってしまいます。あれがしたいなって思っても、「落ち着いたら」とついつい後回しになっていました。

この前、心理カウンセラーの方の講義を聴く機会があり、今を大切にすることに気づかされたのがきっかけです。

気づくとと過去の後悔を思い出していたり、先の心配をしていたり…、私たちは今ではないどこかに意識を飛ばしがちです。リラックスして今を楽しみましょう。

教師の仕事は多忙です。意識しないと延々と仕事やイレギュラーなことがやってきて、ジェットコースターのように過ぎていきます。そのゆとりのなさは生徒にも伝わっていますね。12月は師走とかいて、1年のなかでも忙しい季節です。

あえてのんびりとゆとりある生活を意識して、年を迎えたいですね。

 

カテゴリー: 未分類 | 12月になりました はコメントを受け付けていません

突然退学の学生。心の仮面

とても優秀で成績も学年でトップ10に入る学生がいました。

彼は数年前の学生なのですが、比較的社交的で明るく友人も多く楽しそうに見えました。

ですがそんな彼がいきなり退学をしたのです。それには驚きが隠すことができませんでした。教員たちも驚きましたが、その生徒の友人もまさかの退学に驚きを隠せていませんでした。

優秀で勉強も頑張っていて明るい彼がなぜ…?私も驚き、また同時にショックを受けました。成績優秀、いつも明るく元気、クラスメイトも教師もそんな風に見ていました。

退学をしましたし、本人も積極的に話したがりませんでしたので詳細はわかりませんが、きっと彼は無理をしていたのかもしれません。まじめだった彼は、辛いとか嫌だとかそうゆう感情を表に出せず、そしてそうゆう感情を自分で思うことすら自分で禁止してしまっていたのかもしれません。

「ペルソナ」という言葉ご存じでしょうか?人はみな、場所は、所属する団体によって役割を演じています。とあるグループではサポートタイプに回っているけれど、家ではリーダータイプ。あの友人といるときはいろいろ決めて引っ張っていくが、先輩といるときは先輩のいうことをきく後輩。とこのように役割を演じているのです。

私のような教師はより分かりやすいですね。教室では、生徒を指導・そして授業を行うために、指導する立場の教師としていますが、職員室にいけば職場の上司、同僚、後輩の関係があり、そして家に帰れば、子供、親、妻という顔があります。

もちろん友達や家族にみせる態度で学校にはいませんし、場所で私たちは自然に使いわけています。そしてその仮面のことをペルソナといいます。

本来の素の自分と離れたところにいればいるほどこのペルソナは大きくなります。そして私たちにかかる負担も大きくなります。

もしかしたら彼はこのペルソナが大きくなり疲れてしまったのかもしれません。いい子でいないといけない。明るくいないといけない。成績優秀でいないといけない。誰かに相談してはいけない。弱みはみせてはいけない。弱さをさらけ出せなかったのかもしれません。

人はだれしも、よく見られたい。自分は優秀で特別な人間だと思われたい。という願望があるのかもしれません。

見栄や他人の目から自分を解放して、リラックスすることは重要です。この出来事は私が心理の世界に興味をもつに至った出来事です。

高校生は、多くのストレスを全身で受け止める時期です。そんな学生に寄り添える教師になれているのか…?その自問自答は、終わることはありません。

 

カテゴリー: 未分類 | 突然退学の学生。心の仮面 はコメントを受け付けていません

高校三年生の頑張り時

私の受け持っているクラスが一学年のため、新入生の話が中心になっていましたがもちろん3学年との生徒とも交流があります。

高校3年生は今、受験勉強の真っ只中で必死に勉強に打ち込んでいる学生が多くおります。もちろんすべての学生が受験するわけではありませんが人生の分岐点にいることには間違いなく、精神的にも大きな負担を感じている学生が多くいます。

目標に向かって頑張る姿は素敵ですが、どうかあまり自分を追い詰めないでほしいものです。この時期はテストの結果が伸び悩んでいる学生や、進路に対して不安のある学生がとてもデリケートになる時期だからです。だんだんと寒く、そして日が短くなっていく日々になんだか一層追い詰められているようです。

人生にこのようなことはあまりありませんから、精神的に負担がかかるのも仕方ありませんが、今の高校生活も十分に楽しんでほしいと思います。高校もたったの3年しかない人生においても短く大切な時なのです。

先日放課後に受験勉強に励んでいる女子生徒と話をしました。彼女は、今から毎日不安で焦ってとても疲れているようでした。たまには不安を吐き出したり思いっきり身体を動かしたりして、うまくリフレッシュするように伝えました。その生徒はすぐに短距離を思いっきり走りに校庭に行っておりました。

すぐに走れる行動力があるのだから「大丈夫だな」と安心できましたし、元気な彼女に励まされました。大きな悩みを抱いたり不満や不安を抱えることは人生においてあるでしょう。大学受験など人生に何回もないので当然です。ストレスが当然の時期です。自分なり発散し、不安な自分と向き合い乗り越えてほしいです。精神的にも大きく成長できるでしょう。

ですが、心配なのはそのようなストレス状態になったときに行動に移せない方です。

不満があること言えない、なにかをしようと思っても行動できない、自分のなかにどんどんをためてしまう人。周りも気づかないために、周りがやっと異変に気づくころには本人はとても精神的に落ちていることが多いのです。そのころにはすでに慢性的な無気力状態。反発したり、文句をいえる学生は、教師としては大変なのですが、生徒自身としてはまだ良い状態なのです。

カテゴリー: 未分類 | 高校三年生の頑張り時 はコメントを受け付けていません

変化を乗り越え、馴染みはじめた一学年制

秋になりました。

4月に入学した新入生も半年がすぎ、今では学校生活に馴染み楽しんでいるように見えます。

入学当時の緊張感や不安感が減ったようです。そして学校生活を本当に楽しむことができているのではないでしょうか。

今までと全く違う新しい環境でも人は半年経てば十分に馴染むことができます。

半年前の不安なんてまるでなかったかのようですね。

ということは初めは不安であっても変化に恐れずどんなことでも挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

変化には必ず慣れます。必ず慣れるのですから、変化をどんどん受け入れて挑戦していくことのほうが変化をしない人生よりずっと楽しいかもしれません。

わが校では、夏休みを利用して海外留学に行く学生もいます。一か月という期間でもその間全く違う環境にいき、言葉・文化がちがう環境にいくのですから不安も相当大きいことでしょう。

ですがそれらを乗り越え、留学に行って帰ってきた学生の顔には、自信がみえ輝いています。以前より確かに逞しくなっているのです。

そして一度経験したことは二度目にはスムーズに行うことができます。

大学に進学してから長期留学や海外の大学進学、海外での就職と、心の負担というハードルはすでになくなり、ぴょんぴょんと飛ぶように自分の思うがままに人生を歩むことができるでしょう。

このような成長・変化をみることは、教師の楽しみ・やりがいの一つです。初めの一歩、とても重くなっていませんか?したいことがあっても、後回しにしていませんか?もし自分が10代だったらどうしていますか?そんな視点をもつと人生がまた面白くなるのかもしれません。

 

カテゴリー: 未分類 | 変化を乗り越え、馴染みはじめた一学年制 はコメントを受け付けていません

学校の価値とは。

この時期私が務める高等学校では、遠足があります。新しいクラス・仲間と新緑の中でバーベキューを行います。

新しい環境にもだいぶ慣れてきた時期ですから、さらに仲を深めるためにいい機会だと思います。団体行動ですから、ルールを守り、役割の分担を決め、そのうえで仲間と楽しい時間を過ごすことは大切なことだと思います。

最近では学校は全く意味がない、個人を集団の中に押し込め個性をつぶし、社会に順応できる奴隷をつくる場だ!だなんて過激なことをいう方、増えているようでとても驚いています。

いかに日本に教育現場が無駄であるか…と語る動画や文章が注目を浴びております。

奇抜なことをいえば注目をされる社会ですし、人それぞれの価値観がありますから自由にとらえていいのですが、私は日本の学校に価値を十分に感じています。

ルールや規則は時に不自由です。窮屈に縛られて息苦しく感じることがあるのは自然なことでしょう。私だって、ガチガチなルールの上でとても息ぐるしさを感じることございます。

ですが、そのような窮屈な環境にいって初めてわかる自由もあるのかと思います。それがわかるだけでも十分に『価値』があるのかと思います。

世間も社会も集団生活であることには変わりありません。

集団の中で生活するなかで、その中で自分の意見を発信していくことを学ぶことができます。クラスが30人程いるなかで自分の意見を30人に発信していくこと、これは簡単にできる生徒もいますが、多くの生徒にとっては勇気がいるものです。

違う意見をもつもの同志でお互いを尊重しながら方針を決めていく、するべきことをこなしていく、時間調整管理など学べることがたくさんあるかと思います。

『価値』とは自分で生み出すものです。どのような環境でも自分の人生の価値を見つけ全身していける生徒が増えることを教師として願っております。

 

話がかわりますが、わたくしはこの新緑の季節が1番好きでございます。

緑がきらきらとしていて、天気もよくて気持ちのいい気候で、気持ちも晴れ晴れと解放されます。

プライベートでも遠足行こうと思い、浜離宮に行ってまいりました。大都会の中にある歴史ある緑豊かな公園、とても気持ちがいい時間を過ごせました。

ぜひ皆様も猛暑が訪れる前に行きたいところにいかれてみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 | 学校の価値とは。 はコメントを受け付けていません